会則

(関西鍼の会)に入会する者は、下記をよく読んでおくこと。

日本鍼灸研究会 会則

①日本鍼灸研究会入会には、本会主催の講座修了を不可欠の条件とする。
*基礎講座終了後、半年を経過すると、入会資格を失うので注意すること。

②新規入会時は会費4ヶ月分の前納を不可欠の条件とする。
*納入された会費は、理由の如何を問わず、返却しない。

③退会申請の月迄の会費を納入したうえで、代表に退会を申請した場合は任意退会とする。任意退会者の再入会は随時可とする。

④退会申請の月迄の会費が未納の場合、退会申請は不受理とする。

⑤会費未納が6ヶ月を越えた場合は自然退会とする。自然退会者は再入会を認めない。

⑥在会会員が東京鍼の会へ移籍する場合は、移籍する月迄の会費全額の納入を要する。

2003年8月1日より実施。2007年12月1日改訂。2012年10月1日第二次改訂

補足

  • 会費を納入した月は、その月の関西鍼の会、東京鍼の会いずれの講習会も原則無料で参加することができる。ただし、短期集中基礎講座の受講を終了した者に限る。
  • 短期集中基礎講座受講後、入会した者は、二年目以降の短期集中基礎講座を無料で受講できる。ただし、テキスト代・会場運営費等を少額(毎月変動)納入する必要がある。
  • 短期集中基礎講座修了後の11月~3月までは、補講を行うが、受講するためには入会する必要があり、またこれにもテキスト代・会場運営費等が少額(毎月変動)納入する必要がある。

更新日:

Copyright© 【関西鍼の会】日本鍼灸研究会・関西部局 , 2021 All Rights Reserved.