【系列団体】九州鍼の会 | 例会報告

九州鍼の会 第14回月例会

更新日:

2018年5月19日(土)、九州鍼の会第14回月例会を開催しました。今回の内容は、以下となります。

    1. [原典講読]『甲乙経』講読(六)巻之一・五藏六府官第四
    2. [経絡治療基礎]鍼法の基礎実技(散鍼・接触鍼)
    3. [文献紹介]『医道の日本』連載「臨床に活かす古典」、『鍼の会雑誌』

今回の『甲乙経』講読では、『霊枢』五閲五使篇第三十七、脈度篇第十七、『素問』陰陽応象大論第五との比較が必要となります。『甲乙経』の構成は、やや『黄帝内経』を読むには、分散と欠落があるように感じることがあります。講読していてもやや『素問』の方が人気があるように感じます。冒頭から読むと『明堂』まではかなりかかりそうです。
秋からは再度、『素問』の講読を予定しておりますので、ご期待ください。

次回の九州鍼の会は、6月16日(日)午前10時からです。

-【系列団体】九州鍼の会 | 例会報告

Copyright© 【日本鍼灸研究会】正統・井上系・経絡治療 , 2021 All Rights Reserved.