短期集中基礎講座(京都講座)5月

短期集中基礎古座の5月講座が終了いたしました。今月からの新しい参加者も来ていただき、本当に喜ばしい限りです。予定通り、今月は以下のような内容でした。

[午前 医史文献学・医古文]

  • 医史文献学基礎3(漢魏以前の医学と文献)
  • 医史文献学基礎4(宋以前の医学と文献)
  • 医史文献学基礎5(訓読)

[午後 技法2]

  • 灸法(点灸・知熱灸2)
  • 穴法(復習、足太陰+三陰交)
  • 鍼法(基本刺鍼2)
  • 脈法(六部定位脈診2)

次回の平成29年6月4日も北大路ビブレ内の北文化会館です。お忘れ無くお越しください。

本講座は、日本鍼灸研究会(代表 篠原孝市)が、1988年以来、毎年開催している初学者のための“基礎講座”であり、古典的鍼灸の技術・理論、および古典文献の基本的読解法の修得を目的としています。本講座で学ぶ内容は正統的な伝承を経た経絡治療であり、講義においては臨床で重要な五蔵論、外邪論、選経選穴論や病證論、そして知っておかなくてはならない文献学の概要、ならびに中国と日本の研究法、古典の読解法などについて学びます。