鍼の会雑誌は毎月第2日曜日刊行です。

日本鍼灸研究会の会員によって、執筆・編集されています。

本会会長の医学古典・鍼灸史・医学史についての最先端な論考、経験豊かな先生達の井上式経絡治療の治験談、病證論、業界を風刺する四コマ漫画と強烈な川柳などが読めます。

  • 刊行日:毎月第2日曜日
  • 価格:100~300円

単行本も刊行予定です!

主に関西鍼の会、東京鍼の会、大阪鍼灸師会主催「素問勉強会」などで販売中です。

遠方の方は、お問い合わせフォームからお尋ねください。

>>バックナンバー一覧はこちら

鍼の会雑誌 第24号

鍼の会雑誌第24号が、平成29年6月11日に刊行されました。 大阪府鍼灸師会での販売は、6月11日(素問勉強会にて)でした。 論考一  明堂硏究批判序説(二) 論考二  病態把握から治療へ 〜様々な症状に対応する鍼灸治療 […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第23号

鍼の会雑誌第23号が、平成29年5月14日に刊行されました。 大阪府鍼灸師会での販売は、6月11日(素問勉強会にて)でした。 論考一  『察病指南』の雀啄脈の経文中に見られる「践食」について 論考二  病態把握から治療へ […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第22号刊行

鍼の会雑誌第22号が、平成29年4月9日に刊行されました。今号は増刊号になります。 大阪府鍼灸師会での販売は、5月14日(素問勉強会にて)となります。 論考一  解索脉の考察(一) 論考二  相対的な虚実と滑濇の関係につ […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第21号刊行

鍼の会雑誌第21号が、平成29年3月12日に刊行されました。 論考一  明堂研究批判序説(一) 論考二  病態把握から治療へ 〜様々な症状に対応する鍼灸治療(二十一) 論考三  偏りから考える(三) 〜「怒る」ということ […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第20号刊行

鍼の会雑誌第20号が、平成29年2月12日に刊行されました。 論考一 『甲乙経』という風景 論考二 病態把握から治療へ ~様々な症状に対応する鍼灸治療(二十) 論考三 偏りから考える(二)~「買う」ということ 四コマ漫画 […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第19号刊行

鍼の会雑誌第19号が、平成29年1月8日に刊行されました。 東都医跡探訪(四)井上交泰院家の墓所 学会情報 第二十四回日本鍼灸史学会学術大会を終えて 論考二 長期的な證の到達点をどこに求めればよいか ~理論と現実のはざま […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第18号刊行

鍼の会雑誌第18号が平成28年12月11日に刊行されました。 『太平聖恵方』巻第九十九の検討(二) 論考二 病態把握から治療へ ~様々な症状に対応する鍼灸治療(十八) 論考三 病證雑考(十七) 疲れ・虚労・所労 四コマ漫 […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第17号刊行

鍼の会雑誌 第17号が平成28年11月13日に刊行されました。 論考一 『太平聖恵方』巻第九十九の検討(一) 論考二 病態把握から治療へ ~様々な症状に対応する鍼灸治療(十七) 病證雑考(十六) 胸やけ 四コマ漫画 やぶ […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第16号刊行

平成28年10月9日、鍼の会雑誌第16号が刊行されました。 今大路玄淵の墓誌 随想 日本鍼灸研究会について 論考一 東都医跡探訪(三) 今大路玄淵の墓誌 論考二 四陰経の虚證と陰陽虚実證の関係について ~理論と現実のはざ […]

コメントなし

鍼の会雑誌 第15号刊行

鍼の会雑誌 第15号が平成28年9月11日に刊行されました。 論考一 『明堂』以前の兪穴学(一) 論考二 病態把握から治療 〜様々な症状に対する鍼灸治療(十五) 論考三 病證雑考(十四) 秘結 四コマ漫画 やぶさかではな […]

コメントなし