参加申し込みの際によく質問される内容をQ&Aとして以下に記しますので、ご参考にお読み下さい。

Q.どんなことを勉強できますか?

A.講座の主な内容は、井上系経絡治療と古典文献の読むための医古文です。
本会で受講できる経絡治療の内容は、正統的な井上系経絡治療です。撚鍼による鍼法(補瀉法、散鍼、皮膚鍼など)、灸法(糸状灸、知熱灸)、脈法(人迎気口診・六部定位診)です。脈法は、六部定位診と祖脈による人迎気口診があり、これらによる選経選穴論を講義します。
医古文とは、医学古典を読むための知識、方法であり、日本と中国の医学史、古典文献学、訓詁・句読・訓読・語法・修辞といった古文の知識、工具書の知識(辞書の引き方や文献の探し方)などです。

講義内容については、予定表も参考にしてください。

Q.誰でも参加できますか?

A.はり・きゅうの資格の有無は問いません。学生でも、開業されてる先生でもかまいません。鍼灸師以外の資格の方でも構いません。

Q.東京講座と京都講座で違いはありますか?

A.東京講座は、日本鍼灸研究会の関東部局(東京鍼の会)の講師、関西講座は、関西部局(関西鍼の会)の講師陣が担当します。皆、開業している鍼灸師ですので、信用できる臨床の生の声が聞けると思います。
雑誌『医道の日本』で「臨床に活かす古典」を連載中の日本鍼灸研究代表 篠原孝市も東京講座、京都講座の両方で講義しています。生で篠原孝市の講義を受けられるのも、基礎講座(鍼の会月例会)のメリットです。

Q.関西鍼の会や東京鍼の会とどう違うのですか?

A.関西鍼の会と東京鍼の会は、基礎講座の受講を満了したメンバーが、さらに深く研究するため月例会(月一回の研究報告会)です。
初めての方は、まず東京か京都の基礎講座に参加されることをおすすめします。

Q.受講の申し込みはどのようにしたら良いですか?

A.受講ついては、現在、メールもしくは、フォームから受け付けています。

お申し込みフォームから必要な事項を記入して送信してください。メールからの参加申し込みをされる場合は、下記のメールアドレスから、必要な事項を記入して送信して下さい。いずれの場合も、折り返し、会場等の連絡を含むご案内のメールを送信します。

連絡用メールアドレス
メールでの記載事項
  1. 氏名 …必須
  2. 電話番号 …必須
  3. メールアドレス …必須
  4. 所属(開業、就業、学生の別)…任意
  5. ご質問があればその事項 …任意

Q.会場はどこですか?

A.毎月、会場は京都市内です.ときどき奈良市、城陽市などの会場を用いる場合があります.会場については、随時お知らせします.欠席された場合やお忘れの場合にも備えて、Web上でもTwitter、もしくは講座の連絡をご確認ください.

日本鍼灸研究会 基礎講座[京都講座]第一回目(2018年4月8日)会場は、

北文化会館・第1会議室(京都市営地下鉄・北大路駅すぐ)です.

5月以降の会場は、講座中に告知し、ブログ、Twitterなどでも掲示します.

Q.何を持って行ったらいいですか?

A.テキストは各講義の当日に配布します。筆記用具は必要です。
鍼法・灸法の実技にて、必要な鍼と艾も配布します。ただ、ご自身で点灸用艾(可能な限りの良質な艾)と線香(細い線香を推奨)、灰皿、鍼入れをご持参いただいた方が便利です。

  • 筆記用具 …必須
  • 配付資料 …当日配布しますが、翌月必要な場合があります
  •  …当日配布 →鍼入れがあると便利です
  •  …当日少量を配布 →できるだけ良質な艾(点灸用・糸状灸用)があればご持参ください
  • 線香 …できるだけ細いもの(灰皿はあまり使用しません)

Q.服装はどのようなものが良いですか?

A.どのような服装でもかまいません。ただし、鍼法と取穴の実技にて、男性は手足を肘と膝までを出していただく場合がありますので、その様な服装が好ましいと思います。強制ではありません。女性が実技のデモになっていただくことはありません。

Q.昼食はどうしたら良いですか?

A.お弁当などを持参された方は、会場内で飲食されても構いません。ご持参されない場合は、周囲に飲食店がありますので、ご自身でお済ませ下さい。

Q.各月で受講料の分納はできますか?

A.分納はお断りしています。初回日に80,000円を一括でお願いします。また、納入した受講料は理由の如何に関わらず返却いたしません。

Q.古典の勉強会はどのような内容ですか?

A.本会は文武両道を良しとするので、古典と臨床の両方を講習します。本会は、古典に基づく経絡治療を主体としており、受講者全員が「古典文献を自分で読めるようになること」、「井上式経絡治療を臨床で実践できるようになること」を目的とします。

Q.古典の勉強会ですか?それとも臨床の勉強会ですか?

A.両方です。本会は文武両道を良しとします。本会は、古典に基づく経絡治療を主体としており、受講者全員が「古典文献を自分で読めるようになること」、「井上式経絡治療を臨床で実践できるようになること」を目的とします。

Q.どのような治療を勉強できるのですか?

A.本会で習得できるのは、井上恵理、本間祥白、井上雅文によって継承された本流の「井上系経絡治療」です.古典に基づく根拠ある脈診と選経選穴論、無痛の撚鍼法による接触鍼、華麗に舞う散鍼法を修得できます.

Q.いつまでに申し込めば良いですか?

A.3月末日までにお願いします.明確な定員人数は設けておりませんが、できるだけ3月末日頃にお申し込みください。

Q.基礎講座(全7回)の終了後はどうすれば良いですか?

A.日本鍼灸研究会への入会(東京鍼の会もしくは関西鍼の会)をおすすめします。
基礎講座は10月までですが、11月~3月の第1日曜日は、基礎講座 補講を開講します.
補講に参加される場合は、日本鍼灸研究会(東京鍼の会もしくは関西鍼の会)に入会する必用があります.
日本鍼灸研究会に入会すると、翌年の基礎講座を無料で受講することができます.

強制ではありませんが、毎年11月に開催される日本鍼灸史学会学術大会(日本鍼灸研究会が運営母体)にも参加されるとより一層、見識が広がり、臨床と古典の実力が向上しますので、よろしくお願いいたします.

短期集中基礎講座の趣旨

[本講座の趣旨]
2000年以降、鍼灸教育機関の増加にともない、鍼灸を志す学生の数も、鍼灸師の数も飛躍的に増加する傾向にあります。しかし、初学者であれ、ある程度臨床経験を積んだ鍼灸師であれ、学校や大学の通常のカリキュラムをこなしただけでは、鍼灸について何をどのように学べばよいのか、どのように治療をすれば臨床らしくなるのか、いったい何が本当の伝統鍼灸や伝統医学であるのか、ということついて、全く知ることができないのではないのでしょうか。
本講座は、日本鍼灸研究会(代表 篠原孝市)が、1988年以来、毎年開催している初学者のための“基礎講座”であり、古典的鍼灸の技術・理論、および古典文献の基本的読解法の修得を目的としています。
本講座で学ぶ内容は正統的な伝承を経た経絡治療であり、これに基づく施術の技術は、主に撚鍼法を主体とした接触鍼、散鍼、そして痕の残らない点灸や知熱灸、古典を土台とする脈状診を駆使した脈診である人迎気口診と六部定位診が中心となります。講義においては臨床で重要な五蔵論、外邪論、選経選穴論や病證論、そして知っておかなくてはならない文献学の概要、ならびに中国と日本の研究法から新たに起こした古典の読解法などについて学ぶことになります。